Airbus、水素を動力源とする航空機用エンジンをA380に搭載する実験を開始

Airbus、水素を動力源とする航空機用エンジンをA380に搭載する実験を開始

11月30日、航空宇宙大手のAirbusは、水素を動力源とする燃料電池エンジンを開発していると発表した。また、推進システムをゼロエミッション航空機に搭載する可能性を検討中であることを明らかにした。同社は、燃料電池の実証機をA380飛行試験機で試験することを目指すという。

航空業界は、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の約2〜3%を占めており、対策を講じなければ、今後数十年で劇的に上昇する可能性がある。航空機の効率向上、持続可能な航空燃料の開発、電気や水素を利用した低炭素またはゼロカーボン推進システムによる航空機の開発など、航空産業が気候に与える影響に対処するために、いくつかの取り組みが進められている。

現在、多くのイニシアティブが、電気推進やSAFなど、より迅速な脱炭素化を可能にする分野を対象としているが、水素は、カーボンフリーな方法で製造できる可能性があり、ジェット燃料よりも重量あたりのエネルギー量が多いという特性から、業界内ではより有望な長期的ソリューションと見なされている。

Airbusは以前、2035年までに世界初のゼロ・エミッション民間航空機を開発する目標を発表しており、同社は、再生可能エネルギーから生成した場合、二酸化炭素を排出せず、水が最も大きな副産物であることから、水素を最も有望なゼロ・エミッションソリューションの1つとして認識していると述べている。

同社によると、水素はガスタービンで燃焼させるか、燃料電池を使って水素を電気に変換し、プロペラエンジンを動かすことで航空機の動力源として利用することができる。

同社は、水素燃料電池エンジン実証機には、AirbusのA380 MSN1飛行試験機を使用すると発表した。この機体は現在、液体水素タンクとその関連配給システムを搭載するための改造が行われている。同機は、燃料電池エンジンポッドを搭載するために外装を改造し、機体後部には液化水素を貯蔵する低温タンクを設置する予定である。

【参照ページ】
(原文)Airbus reveals hydrogen-powered zero-emission engine
(日本語訳)エアバス、水素で動くゼロ・エミッション・エンジンを公開

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る