Sustainalytics、債券およびプライベート・エクイティ向けのESGリスク評価を開始

Sustainalytics、債券およびプライベート・エクイティ向けのESGリスク評価を開始

12月1日、ESG評価、データ、リサーチプロバイダーのMorningstar Sustainalyticsは、ESGリスク評価サービスの対象を債券、 プライベートエクイティなどの新しい資産クラスに拡大し、中国上場企業を追加することを発表した。

同社によると、今回の発表により、アナリストによるESGリスク評価の対象範囲が約30%拡大し、16,300件以上となった。

SustainalyticsのESGリスク評価は、企業が業界特有の重大なESGリスクにさらされているか、またそのリスクがどの程度管理されているかを測定するために設計されている。 Sustainalyticsのリサーチと格付けは、コーポレートガバナンス、重要なESG課題、特異な課題を中心に行われ、格付けの枠組みは、300以上の指標と1,300以上のデータポイントに裏打ちされた20の重要なESG課題によって裏付けられている。

同社は、債券における持続可能な資金流入の増加、新興市場のESGリスク管理の強化、プライベート・エクイティ市場における持続可能性の機会の増大が見られる一方で、投資家が公開株式以外の資産クラスにおける一貫したESGデータの入手に課題を抱える中、新しいカバレッジが追加されたとしている。

【参照ページ】
(原文)Morningstar Sustainalytics Expands ESG Risk Ratings Coverage to Fixed Income, Private Equity, and China
(日本語訳)Morningstar Sustainalytics、ESGリスク評価の対象を債券、プライベートエクイティ、中国に拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る