PepsiCo、飲料の再利用可能な包装を倍増する目標を設定

PepsiCo、飲料の再利用可能な包装を倍増する目標を設定

12月5日、食品・飲料大手のPepsiCoは2030年までに、再利用可能または詰め替え可能なパッケージで提供される飲料の割合を現在の10%から20%に倍増させるという新たな目標を発表した。

同社は、新しいパッケージング目標を達成するために目指す一連のアプローチについて概説し、SodaStreamの炭酸水事業を、家庭と職場の両方でSodaStreamプロフェッショナルを通じて拡大することを含めた。 PepsiCoは2018年に32億ドル(約4,382億円)超でSodaStreamを買収した。昨年、SodaStreamは、2025年までに約780億本の使い捨てペットボトルの回避を可能にすることを約束した。

同社が強調したその他のアクションには、詰め替え可能なプラスチックボトルとガラスボトルの提供を構築するためのボトラーとの提携、再利用可能なカップによるファウンテンドリンク事業の成長、粉末と濃縮物の成長の加速が含まれている。

本発表は、PepsiCoが昨年発表した包括的なサステナビリティフレームワーク「pep+」に続くもので、農業慣行・気候・水・包装・消費者の健康など、幅広いESGイニシアティブを包含している。また、2030年までにグローバルな食品・飲料ポートフォリオ全体で1食あたりのバージンプラスチックを50%削減し、プラスチック包装にリサイクル素材を50%使用することを約束するなど、包装に関する一連の目標も発表している。

【関連記事】PepsiCo、包括的なサステナビリティ・フレームワークを発表。ESG目標を拡大

【参照ページ】
(原文)PEPSICO INTRODUCES NEW PACKAGING GOAL, DOUBLING DOWN ON SCALING REUSABLE PACKAGING OPTIONS
(日本語訳)PepsiCo、再利用可能なパッケージの選択肢を倍増させる新たなパッケージング目標を導入

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る