DHLとFord、グローバルなラストワンマイルデリバリー用に2,000台の電動バンの契約を締結

DHLとFord、グローバルなラストワンマイルデリバリー用に2,000台の電動バンの契約を締結

12月5日、物流・輸送大手のドイツポストDHLグループと自動車大手のFordの商用顧客生産性重視の新事業であるFor Proは、2023年末までに全世界で2,000台以上の電動配送バンを納品するなど、全世界のラストマイル配送に電動バンを活用するための新しい協力関係を締結したと発表した。

両社が締結した契約は、For ProのコネクテッドEテレマティクス・ソフトウェアや充電ソリューションへのアクセスを含む、電動車両を運用するためのソリューション一式を対象としている。

両社は今回の合意により、革新的な製品へのアクセスの可能性、For Proのデジタルおよび充電ソリューションの検討、ドイツポストDHLグループ固有の業務に向けた将来の製品の共同開発なども可能になると述べている。

今回の合意は、DHLが昨年発表したサステナビリティロードマップに基づくもので、ゼロエミッションのEV、代替航空燃料、気候ニュートラルビルの拡大を中心に、CO2排出量削減のための施策に10年間で70億ユーロ(約1兆円)を投資する計画が盛り込まれている。

両社によると、最初のE-TransitはすでにDHLに提供され、配送のピーク時にフリートに加わっているとのことだ。

【参照ページ】
(原文)FORD PRO AND DEUTSCHE POST DHL GROUP JOIN FORCES TO ELECTRIFY LAST MILE DELIVERY WORLDWIDE

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る