Danone、メタン排出量削減のための意欲的な計画を発表

 

1月17日、大手食品会社であり、世界最大級の乳業会社であるDanoneは、20301年までに生乳のサプライチェーンからのメタン排出量の絶対量を30%削減するグローバルアクション計画を発表した。

Danoneは、2030年までに120万トンの二酸化炭素換算のメタン排出を除去することを見込んでいる。本計画は、Danoneが近年行ってきた進捗を基にしたもので、すでに2018年から2020年にかけてメタン排出量を約14%削減している。

IPCC2によると、メタン排出量の削減は、二酸化炭素の削減だけでは達成できない気候への影響を即座にもたらすとされている。牛による酪農生産は、世界のメタン排出量の約40%を占める農業・畜産活動の一部として、人為的なメタン排出量の約8%を占めていると推定されている。

Danoneは、乳製品分野のリーダーとして、メタン排出量削減のための役割を果たすことを決意し、以下の点に注力している。

  • 農家の方々と協力し、再生可能な酪農の実践と革新的なソリューションを開発する。
  • 同業他社、政府、環境防衛基金と協力・連携し、イノベーションの拡大、報告、資金調達モデルの高度化を図る。
  • メタンガス政策、データ、報告、研究資金、再生酪農への移行を支援するための資金を改善するために、政府を提唱し、関与する。

本発表により、Danoneは食品企業として初めてメタンガス削減目標を設定し、COP26で発足した「Global Methane Pledge」の野心に沿うことになる。同社は、追加的な財務情報開示の一環として、メタン排出量について報告する予定である。

【参照ページ】
Danone announces an ambitious plan to reduce its methane emissions

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る