英国の規制当局FCA、ESG委員会を発足

英国の規制当局FCA、ESG委員会を発足

12月13日、英国の金融サービス企業および金融市場の行為規制機関である金融行動監視機構(FCA)の理事会は、ESG問題の監視を支援し、FCAのESG戦略に助言することを目的として、ESG諮問委員会を設置したことを発表した。

昨年末にESG戦略を発表し、金融セクターが前向きな変化を促進し、ネット・ゼロ移行に貢献することを支援する規制当局の役割を定めて以来、本委員会の発足は、ESGに焦点を当てた規制当局の一連の動きの中で最新のものとなっている。最近の発表では、ESGデータと格付けプロバイダーの行動規範を策定するためのワーキンググループの設立や、投資商品の持続可能性表示とグリーンウォッシュリスクに対処するための開示要件に関する規則案の発表があった。

【関連記事】
FCA、取締役と執行役員のダイバーシティに関する情報開示の義務化を発表
FCA、投資家向けサステナビリティ開示とESGラベルの導入プロセスを先送り

FCAによれば、新委員会は、金融規制当局がその意思決定と行動に英国の気候変動目標を統合するという政府の期待に応え、関連する新たなESGテーマや問題についてのガイダンス、規制当局のESG戦略の策定方法についての意見を提供するなど、理事会のESG関連の責任遂行を支援するとのことである。

【参照ページ】
(原文)FCA announces ESG Advisory Committee to its Board
(日本語参考訳)英国の規制当局FCA、ESG委員会を発足

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る