FCA、投資家向けサステナビリティ開示とESGラベルの導入プロセスを先送り

7月6日、英国の金融サービス企業および金融市場の行為規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、資産運用会社に対するサステナビリティ開示要求と投資商品に対するESG表示規則の導入プロセスを延長し、提案に関するコンサルテーションの延期を明らかにした。

本開示・表示規則は、サステナビリティ開示要求(SDR)の一部を構成するもので、英国を国際的なグリーンファイナンスの中心地として確立し、金融セクターと資本フローを世界および国内の気候・環境目標の実現に一致させることを目的とした英国のグリーンファイナンス戦略の主要部分である。

本規則は、共通の基準、明確な用語、商品分類を通じて透明性を向上させ、急速に拡大・増殖する持続可能な投資の状況を投資家が把握しやすくし、グリーンウォッシュのリスクを軽減する。

規則が施行されれば、資産運用会社は、サステナビリティをどのように考慮し、そのリスク、機会、影響を管理しているかを開示し、提供する投資商品とポートフォリオのサステナビリティ特性について報告することが要求される。また、FCAは、投資商品のサステナビリティ特性に関する情報を記載した投資ラベリング制度の実施に取り組んでいる。

【参照ページ】
(原文)FCA delays ESG labelling consultation
(日本語訳)FCA、投資家向けサステナビリティ開示とESGラベルの導入プロセスを先送り

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る