英FCA、取締役と執行役員のダイバーシティに関する情報開示の義務化を発表

4月20日、イギリスの金融サービス企業および金融市場の行為規制機関である金融行動監視機構(以下、FCA)は、2022年4月1日以降の会計期間から、上場企業の取締役および執行役レベルにおけるダイバーシティ開示義務化を発表した。

新しい上場規則のもとでは、企業は年次財務報告書に、規制当局が設定した特定の多様性目標を達成したかどうかを記載することが義務づけられる。本目標には、女性が取締役会の40%以上を占め、議長、CEO、CFO、上級社外取締役など、少なくとも1つの上級取締役に女性が就任し、非白人/マイノリティ出身の取締役が少なくとも1人いることが含まれている。

さらに本規則では、監査委員会、報酬委員会、指名委員会などの主要な取締役会委員会の多様性方針も対象とするよう、企業の報告要件を拡大している。FCAはまた、取締役会や取締役会の多様性方針に関する報告では、民族性、性的指向、障害、社会経済的背景など、より広い多様性の特性を考慮することができると指摘した。

新規則は、プレミアム・スタンダード両上場セグメントにおいて、株式、あるいはグローバル預託証券などの証書で表される株式を保有するイギリスおよび海外の企業を含むすべての英国上場企業、および株式上場を予定している企業に適用される。

【参照ページ】
(原文)FCA finalises proposals to boost disclosure of diversity on listed company boards and executive committees
(日本語訳)FCA、上場企業の取締役会および執行委員会における多様性の開示を促進するための提案を最終決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る