HSBCが支援する自然資本投資ファンド、約880億円を調達

HSBCが支援する自然資本投資ファンド、約880億円を調達

12月13日、HSBCアセット・マネジメントと気候変動への投資・アドバイザリー会社であるポリジネーションの合弁会社Climate Asset Managementは、同社の自然資本投資ファンドに対して6億5千万ドル(約880億円)を超えるコミットメントを達成したことを発表した。

Climate Asset Managementは、HSBC AMとポリネーションが2020年に立ち上げたもので、長期的に自然を保全、保護、強化する多様なプロジェクトに投資し、新興国市場と先進国市場の両方で世界の自然資本テーマへの幅広いエクスポージャーを提供するとともに、投資先のスチュワードシップと評価を行い、投資家がインパクトを定量的に測定できるようにすることを目的としている。

現在までに、自然資本投資マネージャーは、自然資本戦略(NCS)および自然ベース炭素戦略(NBCS)を含む2つのファンドを立ち上げている。NCSは、農業、林業、環境資産における再生可能な景観管理から、環境面での成果の向上とともに、長期的な財務リターンを実現することを目的として、自然資本投資のパイプラインを構築している。NBCSは、特に開発の初期段階にある自然ベースの炭素プロジェクトに資金を提供し、グローバル企業の脱炭素目標の達成を支援しながら、生物多様性を大規模に改善することを目的とした途上国経済の景観回復をターゲットにしている。

Climate Asset Managementは、両戦略の資金調達を継続しており、2023年中にさらなる発表を行う予定であると述べている。

【参照ページ】
(参考記事)HSBC-Backed Natural Capital Funds Raise $650 Million

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る