緑の未来のための世界の水素貿易、IRENA-WTO共同報告書

12月9日、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と世界貿易機関(WTO)による最近の共同報告書は、世界の水素貿易と関連政策に光を当て、持続可能なエネルギーの未来への移行におけるグリーン水素の極めて重要な役割に焦点を当てている。再生可能な資源のみから製造されるグリーン水素は、産業プロセス、海運、航空など、電化への移行が容易でないセクターの脱炭素化において重要な役割を果たすと認識されている。

報告書は、世界の水素生産のかなりの部分が化石燃料由来であり、気候変動に大きく寄与している現在の水素事情を変革することの緊急性を強調している。ネット・ゼロの世界では、グリーン水素とその派生物の世界貿易が、低コストの生産地と需要の高い場所をつなぐ重要な役割を果たすと報告書は示唆している。

IRENAは、世界の気温上昇が1.5℃以下に抑えられれば、2050年までに水素とその誘導体が世界の最終エネルギー消費の14%を占めるようになると推定している。これを達成するには、グリーン水素生産を大幅に拡大し、既存の用途をクリーンな水素供給に移行させ、全体の生産量を2050年までに5倍以上に増やす必要がある。この拡大には、再生可能エネルギーによる発電と電解槽の前例のない規模の拡大が必要である。

IRENAイノベーション・技術センターのローランド・ロッシュ所長は、ネット・ゼロの世界における水素の生産と消費の状況を劇的に変化させる必要性を強調した。報告書は、再生可能水素と関連商品の国際取引、および必要な機器とサービスの取引に影響を与える新しいサプライチェーンの開発を強調している。

本書は、グリーン水素バリューチェーンを促進する上で、オープンで予測可能かつ首尾一貫した貿易が果たす役割を強調している。主要製品の関税を引き下げ、信頼できるインフラを構築し、国内支援プログラムを再編成し、グリーンな政府調達を実施することが、低炭素経済への移行を促進する上で極めて重要なステップであると指摘されている。国際貿易は、特に国内生産が不足する可能性のある経済圏において、グリーン水素の需要と供給を一致させるために不可欠であると考えられている。

WTO貿易環境部のエイク・ホー・リム部長は、持続可能な水素市場構築における基準と検証手続きの重要性を強調した。同氏は、WTOの規律が、国際基準、整合性のある国内規制、互換性のある検証手続きの開発に関する指針を提供できると指摘した。

本報告書はまた、発展途上経済がグリーン水素と、グリーンメタノールやグリーンアンモニアのようなその派生品を受け入れる際の課題と機会についても探求している。技術開発を促進し、透明性を高め、市場の成長を促すためには、国際的な協力と整合のとれた規制の枠組みが必要であることを強調している。

【参照ページ】
(原文)IRENA-WTO report highlights role of trade in developing green hydrogen markets
(日本語参考訳)IRENA-WTO報告書、グリーン水素市場開発における貿易の役割を強調

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る