WEF、グローバル・ライトハウス・ネットワークに大手25社が加盟。新たなものづくりの時代へ

12月14日、世界経済フォーラム(WEF)は、新たな「ものづくり」の新時代を構築するための協議体である「グローバル・ライトハウス・ネットワーク」に、グローバル大手企業の25の工場が新規加盟したと発表した。これにより、総加盟工場数は153となり、そのうち56工場がサプライチェーン全体での第4次産業革命を目指す「End-to-Endライトハウス」に、17工場がサステナビリティ分野を含む第4次産業革命を目指す「サステナビリティ・ライトハウス」に認定された。

新規加盟工場の一部は以下の通り。

  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(中国・西安市の2拠点)
  • ケンビュー(タイ・バンコク、中国・上海市)
  • シュナイダーエレクトリック(インド・ハイデラバード)
  • シーメンス(中国・成都市)

日本からは、日立製作所の日立工場、P&Gの高崎工場、GEの日野工場の3つが加盟しており、そのうちP&G高崎工場は「End-to-Endライトハウス」に認定された。一方で、中国は70工場、韓国と台湾は5工場、ASEANは12工場が参加している。報告書によれば、新型コロナウイルス・パンデミック時においても、同協議体の加盟工場は10%未満の減少に抑えた企業が85%であったのに対し、非加盟工場は14%しかなかったとのことである。

【参照ページ】
(原文)Factories of the Future Show How to Apply AI to Benefit People, Planet and Performance
(日本語参考訳)未来の工場が示す、人、地球、業績に利益をもたらすAIの適用方法

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る