ストックホルム+50、環境と経済の緊急変革の必要性を訴え閉幕

ストックホルム+50、環境と経済の緊急変革の必要性を訴え閉幕

6月3日、国連環境計画(UNEP)によって開催された「ストックホルム+50」 に出席した数百人の講演者は、地球環境問題への早急な対応と、すべての人々のために働く持続可能な経済への公正な移行に向けた真のコミットメントを呼びかけた。

2日間にわたる国際会議は、会議のプレナリーやリーダーシップ・ダイアログを通じて加盟国やステークホルダーから集められた、共催国であるスウェーデンとケニアの声明で幕を閉じた。本声明には、人間の幸福を健全な地球と万人の繁栄の中心に据えること、清潔で健康的かつ持続可能な環境に対する権利を認識し実施すること、現在の経済システムの仕組みをシステム全体で変えること、影響の大きい部門の変革を加速させることなど、実行可能なアジェンダに向けたいくつかの提言が含まれている。

「ストックホルム+50」では4つの本会議が開催され、各国首脳は、2030アジェンダと持続可能な開発目標の実施を加速させるために大胆な環境行動をとるよう呼びかけた。また、3つのリーダーシップ・ダイアログ、数百のサイドイベント(若者主導のセッションを含む)、ウェビナー、そして会議に先立って行われた地域のマルチステークホルダー協議では、世界中の何千人もの人々が議論に参加し、それぞれの意見を述べた。

【参照ページ】
(原文)Stockholm+50 closes with call for urgent environmental, economic transformation
(日本語訳) ストックホルム+50、環境と経済の緊急変革の必要性を訴え閉幕

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る