エリクソン、800億円超のグリーンボンドを発行 

エリクソン、800億円超のグリーンボンドを発行。ネットワークのエネルギー効率向上への取り組みに資金を提供

11月23日、情報通信技術企業であるエリクソンは、エネルギー効率向上イニシアティブへの投資資金として5億ユーロ(約815億円)を調達し、第1回グリーンボンド発行を完了したと発表した。

本債券発行は、2022年12月にエリクソンのグリーンファイナンシングフレームワークが開始されたことを受けたものである。同フレームワークで説明されているグリーンボンド発行の資金使途の適格カテゴリーには、エネルギー効率や再生可能エネルギーなどが含まれる。エリクソンは、今回のグリーンボンド発行を発表した声明の中で、今回の発行による資金はエネルギー効率への投資に限定して割り当てられると述べた。

エリクソンは2021年に、2040年までにバリューチェーンにおける排出量をネット・ゼロにするという目標と、2030年までにバリューチェーンにおける排出量を半減するという中間目標を設定した。エリクソンの排出量フットプリントの大部分(90%以上)は、下流のスコープ3活動(主に通信サービスプロバイダー(CSP)の顧客に提供するネットワークで使用されるエネルギー)に由来する。

エリクソンのグリーン・ファイナンスの枠組みによると、グリーンボンドによるエネルギー効率化投資は、デジタル化ソリューションを対象とし、設備投資、研究開発、顧客金融ローン・リース契約への融資、既存の4G、5G、6Gの近代化とアップグレード、および旧世代と比較して少なくとも35%のエネルギー消費削減につながるサポート技術への融資を含む。

【参照ページ】
Ericsson issues first green bond

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る