ISS、年次グローバル・ベンチマーク・ポリシー調査を開始

8月29日、議決権行使助言世界大手米ISSは、2024年以降の推奨方針変更の可能性に関するISS年次ポリシー開発プロセスの一環として「年次ベンチマーク・ポリシー調査」を開始した。9月21日まで機関投資家、上場企業、取締役などからの意見を募る。

ISSのベンチマーク・ポリシーと議決権行使ガイドラインは、「説明責任」「スチュワードシップ」「独立性」「透明性」という4つの主要な信条を網羅し、ISSのグローバル議決権行使原則に合致した分析と議決権行使の推奨を提供している。

本調査では、まず特定の市場に特有のガバナンスとスチュワードシップに関するトピックとなる「米国の非GAAP型インセンティブ報酬プログラムの指標」「日本における取締役選任の要因としての自己資本利益率(ROE)」「韓国の重要なガバナンスの失敗に対する取締役の説明責任」を取り上げる。次に、グローバル・ガバナンスに関する2つのトピックである「プロフェッショナル・サービスに関する取締役の独立性の分類」「クロス・マーケット/外国私募債発行会社のポリシー」について意見を求めている。

また、本調査では、特に気候変動に関する規制、ガイドライン、基準、フレームワークの進展に鑑み、グローバルな環境・社会(E&S)に関する多くのトピックについても意見を求めている。ここ数年、E&S関連テーマに関する株主提案の数や種類が増加していることが背景にある。

【参照ページ】
(原文)Institutional Shareholder Services Launches Annual Global Benchmark Policy Survey
(日本語参考訳)ISS、年次グローバル・ベンチマーク・ポリシー調査を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る