Colgate、ネット・ゼロ目標がSBTiに承認されたことを発表

9月14日、Colgate-Palmolive Companyは、同社のネット・ゼロ目標がThe Science Based Targets initiative(SBTi)により承認されたことを発表した。耐久消費財・家庭用品・パーソナル用品分野の大手多国籍企業で、CDP、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)の連合であるSBTiからの承認を発表した企業は他にない。

Colgateは、20年以上にわたって気候変動への対応と排出データの開示に取り組んできた。気候変動に対する行動の加速は、2025年サステナビリティ&ソーシャルインパクト戦略の中核的行動であり、成長する事業全体で炭素排出のネット・ゼロを目指すことを推進している。

Colgateは、SBTiによって承認された事業とサプライチェーン全体にわたる科学に基づく短期、長期、そして2040年のネット・ゼロ排出のコミットメントを通じて、気候変動に対する行動を加速させる取り組みを行っている。SBTi目標検証チームは、 Colgateの目標が、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標、および2050年またはそれ以前にネット・ゼロを達成するためのSBTiの1.5℃緩和経路に沿ったものであると判断した。

Colgateの具体的な目標は以下の通りだ。

・スコープ1およびスコープ2のGHG排出量の絶対量を、2020年を基準として2030年までに42%削減する。
・再生可能な電力の年間調達量を2020年の35%から2030年までに100%に増加させる。
・購入した商品とサービスからの温室効果ガス(GHG)排出量(Scope 3)の絶対量を、2020年を基準として2030年までに42%削減します。
・2040年までにバリューチェーン全体でGHG排出量ネットゼロを達成する。

【参照ページ】
(原文)Colgate-Palmolive’s Net Zero Targets Approved by The Science Based Targets initiative

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る