Colgate、ネット・ゼロ目標がSBTiに承認されたことを発表

9月14日、Colgate-Palmolive Companyは、同社のネット・ゼロ目標がThe Science Based Targets initiative(SBTi)により承認されたことを発表した。耐久消費財・家庭用品・パーソナル用品分野の大手多国籍企業で、CDP、国連グローバル・コンパクト(UNGC)、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)の連合であるSBTiからの承認を発表した企業は他にない。

Colgateは、20年以上にわたって気候変動への対応と排出データの開示に取り組んできた。気候変動に対する行動の加速は、2025年サステナビリティ&ソーシャルインパクト戦略の中核的行動であり、成長する事業全体で炭素排出のネット・ゼロを目指すことを推進している。

Colgateは、SBTiによって承認された事業とサプライチェーン全体にわたる科学に基づく短期、長期、そして2040年のネット・ゼロ排出のコミットメントを通じて、気候変動に対する行動を加速させる取り組みを行っている。SBTi目標検証チームは、 Colgateの目標が、地球温暖化を1.5℃に抑えるというパリ協定の目標、および2050年またはそれ以前にネット・ゼロを達成するためのSBTiの1.5℃緩和経路に沿ったものであると判断した。

Colgateの具体的な目標は以下の通りだ。

・スコープ1およびスコープ2のGHG排出量の絶対量を、2020年を基準として2030年までに42%削減する。
・再生可能な電力の年間調達量を2020年の35%から2030年までに100%に増加させる。
・購入した商品とサービスからの温室効果ガス(GHG)排出量(Scope 3)の絶対量を、2020年を基準として2030年までに42%削減します。
・2040年までにバリューチェーン全体でGHG排出量ネットゼロを達成する。

【参照ページ】
(原文)Colgate-Palmolive’s Net Zero Targets Approved by The Science Based Targets initiative

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る