ペプシコとADM、最大200万エーカーの農地において再生農業を支援し、炭素集約度を削減

9月14日、持続可能な農業と栄養の世界的リーダーであるADMとペプシコは、北米で共有するサプライチェーン全体で再生可能農業の大幅拡大を目指すプロジェクトで緊密に協力する7年半の戦略的商業協定を締結したと発表した。本戦略的パートナーシップは、2030年までに最大200万エーカーに達する見込みで、野心的な炭素削減目標を共有する2つのグローバル企業による先駆的な取り組みとなる。両社の能力は食品と農業のバリューチェーンにまたがり、農家の再生農業への移行を支援し、気候変動への耐性を高めるためのユニークで大規模なプラットフォームを構築している。

本長期契約では、まずカンザス州、ミネソタ州、アイオワ州、イリノイ州、インディアナ州、ネブラスカ州のトウモロコシ、大豆、小麦農家が登録され、将来的には拡大の可能性もある。またバリューチェーン全体での認知度を高め、被覆作物、減反、栄養管理、多様な輪作、責任ある農薬使用などの農家優先の幅広い再生農法の取り組みを複数年統合する予定だ。両社は、参加者への技術的・財政的支援、同業者の再生農業ネットワークへのアクセスの提供、教育的なフィールドデーの開催、信頼できる第三者測定システムを用いた結果の追跡により、サプライチェーン全体で価値を生み出すためにリソースを共有し協力する予定である。

本戦略的パートナーシップの目標を達成することで、農家レベルでは140万トンの温室効果ガス(275,000世帯の年間電力量に相当)を削減でき、農家には直接意味のある共有価値を創出することができる。

ADMの「ストライブ35」のサステナビリティ目標には、温室効果ガスの絶対排出量を25%、エネルギー集約度を15%、水集約度を10%削減し、2019年を基準として2035年までに埋め立て処分場転換率90%を達成することが含まれている。2021年、ADMはさらに、2035年までにスコープ3の温室効果ガス排出量を25%削減する新たな積極的な環境目標に取り組むとともに、完全に森林破壊のないサプライチェーンを達成する目標時期を2030年から2025年に前倒しすることを約束している。また、気温上昇を1.5℃に抑えるという野心的な世界目標に沿った気候目標の承認を得るため、Science Based Targets Initiativeと協働することを約束している。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo, ADM Announce Groundbreaking Agreement Aiming to Reduce Carbon Intensity by Supporting Regenerative Agriculture Practices on Up to 2 Million Acres of Farmland
(日本語訳)ペプシコ・ADM、最大200万エーカーの農地において再生農業を支援し、炭素集約度を削減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る