大手ハイテク・プラットフォーム、EU委員会の新しい「偽情報に関する実践規範」に署名

6月16日、欧州委員会は、2021年に発表された、COVID-19のパンデミックやロシアのウクライナ戦争などの事象を考慮して更新すべきとのガイダンスを受けて、「偽情報に関する実践規範」を強化した。

最新版は、2018年に制定されたオリジナルの実践規範を基に、オンライン上の偽情報とよりよく戦うために、テクノロジープラットフォームと広範な業界の両方による多くの新しいコミットメントを定めている。偽情報の流通の非正規化、政治広告の透明性の確保、ファクトチェッカーとの協力の最大化、研究者へのデータへのアクセスの改善などは、すべて署名者が約束した誓約事項の中に含まれた。

本規範には、Meta、Twitter、TikTokなどの主要なソーシャルメディアプラットフォームや、Adobe、Google、Microsoftなどのハイテク大手を含む34の団体が最初に署名している。Amazonは署名しなかった。同規約は、オンラインの偽情報や違法なコンテンツ、商品、サービスからヨーロッパのユーザーをより良く保護するために2022年4月に承認されたEUの法律であるデジタルサービス法を通じて施行される予定だ。

署名企業は、署名した措置を6カ月以内に実施し、2023年初めに最初の実施報告書を欧州委員会に提出することが義務づけられる。その後、新たに設置されるタスクフォースが6カ月ごとに会合を開き、技術的、社会的、市場的、法的な進展に鑑み、公約を監視し、適応させていくことになる。

強化された「コード・オブ・プラクティス」には、44のコミットメントと128の具体的な対策が含まれており、大きく分けて以下のように分類される。

  • 偽情報の提供者に対する金銭的インセンティブの削減
  • 政治広告の透明性
  • サービスの完全性を確保する
  • 利用者の権利拡大
  • 研究者への権限付与
  • ファクトチェック・コミュニティに力を与える
  • 透明性センターとタスクフォースの設立
  • モニタリングの枠組みを強化する

【参照ページ】
(原文)New Code of practice on disinformation: Fighting propaganda war with democratic methods – Joint statement by Vice-President Jourová and Commissioner Breton
(日本語訳)偽情報に関する新たな実践規範。プロパガンダ戦争に民主的手法で立ち向かう-ジュロヴァ副大統領とブルトン委員による共同声明

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る