ICE、排出ガスデータおよび分析プロバイダーUrgentemを買収

ICEが排出ガスデータおよび分析プロバイダーであるUrgentemを買収

7月21日、世界的な取引所・清算機関であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、炭素排出量データおよび気候リスク分析プロバイダーの Urgentemを買収したことを発表した。

ICEによると、本買収により、気候リスクに関するサービスの拡大が可能になり、新たな地域にわたる3万社を超える世界の上場・非上場企業のカバレッジが拡大し、ファンドマネージャーや銀行向けのシナリオリスク分析およびストレステストが追加されることになる。

Urgentemは、主要な投資可能な指数やソブリン債の事業体のスコープ1、2、3の温室効果ガス(GHG)排出量データを提供するとともに、分析ツール、投資サービス、金融部門の参加者が低炭素経済への移行に参加できるようにするための商品も提供している。

両社のソリューションは、EU、英国、米国の主要な持続可能性報告制度の多くを支えるTCFDの要件に適合することで、顧客の気候変動報告ニーズにも対応できるとしている。

【参照ページ】
(原文)ICE Extends Climate Risk Management Offering With Acquisition of Urgentem
(日本語訳)ICE、アージェントテムの買収により気候変動リスク管理サービスを拡充

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る