Heineken、パッケージのカーボンフットプリントの8割を占めるサプライヤーがSBTiへの取り組みを発表

Heineken、パッケージのカーボンフットプリントの80%を占めるサプライヤーが科学的根拠に基づく排出量目標への取り組みを発表

7月21日、ビール会社のHeinekenは、同社のパッケージングにおける二酸化炭素排出量の80%を占めるサプライヤーが、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)に賛同し、またはその過程にあることを明らかにし、同社のサプライチェーンの気候変動への影響に対する取り組みにおいて重要なマイルストーンとなることを示した。

SBTiは、気候変動への対処と抑制という世界的な目標と、企業の環境持続可能性行動との整合性に焦点を当てた重要な組織の一つである。昨年、同団体は「ネット・ゼロ・スタンダード」を立ち上げ、ネット・ゼロ・エミッションを達成するための企業の取り組みを評価・認証するための厳格な基準を設定した。SBTiはまた、最近、承認された気候変動目標の基準を厳しくし、気候変動の最悪の影響を回避するために必要な、1.5℃温暖化野心に沿った目標のみを受け入れると発表した。

本発表は、 Heineken が5月に開始した「パッケージング・ザ・フューチャー」イニシアティブに続くもので、同社の上位50社のサプライヤーと協力してSBTiに参加し、承認された排出削減目標を設定し、100%再生可能エネルギーの使用を約束するプログラムだ。

昨年、 Heinekenは、2030年までに自社の生産を、2040年までにバリューチェーン全体を脱炭素化する目標を含む、一連の気候目標を発表した。同社によると、バリューチェーンの排出量は Heineken のカーボンフットプリント全体の90%を占め、そのうちパッケージングが27%を占めている。

同社は、ソーシャルメディアの投稿で、Ardagh Group、BA Glass、Ball Corp、Canpack、Crown Holdings、DS Smith、Klabin、BillerudKorsnäs O-I、Verallia、Vidrala、WestRockなど、すでにSBTiと目標を設定したいくつかの包装業者を取り上げ、他に約20社が参加を表明していることを明らかにした。

【参考ページ】
(原文)Heineken launches program to decarbonize packaging suppliers
(日本語訳)ハイネケン、パッケージングサプライヤーの脱炭素化プログラムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る