PepsiCo、約1,700億円のグリーンボンドを発行、農業およびバリューチェーンのサステナビリティプロジェクトに資金提供

PepsiCo、約1,700億円のグリーンボンドを発行し、農業およびバリューチェーンのサステナビリティプロジェクトに資金提供

7月20日、食品・飲料大手のPepsiCoは、新たなグリーンボンドの募集を完了し、12億5000万ドル(約1,700億円)を調達したと発表した。本資金は、同社の農業およびバリューチェーンに焦点を当てたサステナビリティの取り組みを支援するプロジェクトに充当することを目的としている。

本発表は、2019年の初回10億ドル(約1,400億円)発行に続く、PepsiCoにとって2回目のグリーンボンドの募集となる。PepsiCoは、先行発行の収益の85%以上を割り当て、持続可能なプラスチックとパッケージング、サプライチェーンと業務の脱炭素化、水の持続可能性などの分野のプロジェクトを支援すると述べている。

PepsiCoは、昨年、農業、気候、水、包装のサステナビリティ、消費者の健康に関するESGイニシアチブを網羅した広範な持続可能性アジェンダ「pep+」を発表しており、今回のグリーンボンドの発行はそれに続くものだ。今回のグリーンボンドは、pep+の3つの柱のうち、「ポジティブな農業」と「ポジティブなバリューチェーン」(3つ目の柱は「ポジティブな選択」)の2つをターゲットにした取り組みとなる。

同社が最近発表した最新のグリーンボンドの枠組みでは、グリーンボンドで調達できる投資対象として、農民のトレーニング、肥料使用の削減、流域の縮小などの取り組みを含む再生農業、水のリサイクルや再利用プロジェクト、効率改善、流域の補充、湿地の再生などのネット・プラス・ウォーターインパクト(Net Positive Water Impact)が挙げられている。

PepsiCoは、pep+を立ち上げて以来、サプライチェーンの小規模企業が再生可能エネルギーを利用できるよう支援する最近の取り組みや、新しい灌漑技術による農家の節水支援、パッケージにおけるリサイクルプラスチックや再生可能プラスチックの使用拡大、コミュニティのリサイクルインフラへの投資など、これらの目標を支えるいくつかのプロジェクトを発表している。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo Issues New $1.25 Billion 10-Year Green Bond As Company Accelerates pep+ Transformation
(日本語訳)ペプシコ、10年物グリーンボンドを新たに12億5000万ドル発行 pep+(ペッププラス)変革の加速に伴い

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る