国連、UNDP報告書を発行 10カ国中9カ国が人間開発で後退

9月8日、国連開発計画(UNDP)は、最新の人間開発報告書「不確実な時代、不安定な生活:変容する世界における我々の未来の形成」を発行した。 UNDPが算出を始めた32年間で初めて、国家の健康・教育・生活水準を測る人間開発指数が2年連続で低下し、人間開発は2016年の水準まで後退した。

この2年間は、COVID-19やウクライナ戦争といった危機が立て続けに発生し、社会・経済の大転換、危険な惑星の変動、二極化の大規模な拡大などと相互に影響し合い、世界中の何十億という人々に壊滅的な影響を与えた。

同報告書によると、2020年または2021年のどちらかにHDIスコアの低下を記録した国が90%以上、両年で40%以上が低下している。この逆転現象はほぼ全世界的であり、多くの国で危機が深まっていることを示している。

一部の国は立ち直り始めているが、回復は不均一で部分的であり、人間開発における不平等をさらに拡大させている。ラテンアメリカ、カリブ海諸国、サハラ以南のアフリカ、南アジアは特に大きな打撃を受けている。

報告書は、新しい道を切り開くために、再生可能エネルギーからパンデミックへの備え、社会的保護を含む保険まで、世界の浮き沈みに備えるための投資に焦点を当てた政策を提言している。また、技術・経済・文化などさまざまな形でのイノベーションは、次に起こるいかなる課題にも対応できる能力を構築できるとしている。

【参照ページ】
(原文)Multiple crises halt progress as 9 out of 10 countries fall backwards in human development, UNDP report warns
(日本語訳)10 か国中 9 か国の人間開発が後退しており、複数の危機が進行を遅らせていると UNDP の報告書は警告している

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る