GRI、IFRS財団と共同で情報開示支援拠点「サステナビリティ・イノベーション・ラボ」を設立

11月9日、サステナビリティ報告国際ガイドライン策定機関GRIは、IFRS財団と協働してシンガポールに「サステナビリティ・イノベーション・ラボ(SIL)」を設立することを発表した。SILは、企業がサステナビリティ情報開示の要件を満たせるよう、専門家の育成、トレーニング、実践的なソリューション等を通じアジア全域の情報開示を支援する。

SILは、GRI基準およびIFRSサステナビリティ開示基準を用いた報告能力を向上させるために、グローバルおよびローカルのパートナーを結集する。アジア太平洋地域の大手上場企業の81%がGRIを利用して報告を行っていること、また同地域が新しい国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)基準の採用に強い関心を寄せていることから、SILはシンガポールを拠点とし、当初はアジア全域のオフィスがサポートする。

SILを通じて、GRI、ISSB、その他の主要なステークホルダーの代表が協力し、コンセプト、ベストプラクティス、データ主導のソリューションを開発する。また、新たな情報需要への対応が求められているサプライチェーンにおけるキャパシティビルディングも提供する。

SILは、11月20日にシンガポールで開催されるGRI主催の会議「Solutions in Motion, Sustainability in Action」で発表される。主要なステークホルダーが一堂に会する上、世界中の聴衆がバーチャルで参加できる機会もある。

SILは当初、GRI ASEANネットワークによって運営され、GRIとIFRS財団の上級代表が率いる運営委員会によって管理される。マルチステークホルダーによるワーキンググループは、「デジタル・タクソノミー」「監査と保証」「中小企業」「公共部門の報告」という4つの優先分野に焦点を当てて設立される。

【参照ページ】
(原文)GRI establishes Sustainability Innovation Lab in coordination with the IFRS Foundation
(日本語参考訳)GRI、IFRS財団と共同で情報開示支援拠点「サステナビリティ・イノベーション・ラボ」を設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る