米バイデン大統領、ウイグル人強制労働防止法に調印

12月23日、バイデン大統領はウイグル人強制労働防止法に署名し、新疆ウイグル自治区で進行中の大量虐殺を含め、強制労働と闘う米国の姿勢を明らかした。

米国務省は、議会および省庁間パートナーとともに、新疆ウイグル自治区における強制労働への取り組みを継続し、この深刻な人権侵害に対する国際的な行動を強化することに全力を尽くしている。  この新法は、新疆ウイグル自治区での強制労働によって作られた商品が米国市場に入ることを防ぎ、これらの虐待に責任を負う個人および団体に対する説明責任をさらに促進するための新しい手段を米国政府に与えるものである。

バイデン政権は強制労働への対処を優先事項とし、ビザ制限や金融制裁、輸出入規制や新疆に関するビジネス勧告の発表など、新疆における説明責任を促進する具体策を講じている。同時に、すべての世界のサプライチェーンが新疆を含む強制労働の使用を排除するために共同行動をとるよう同盟国とパートナーに働きかけている。

米国務省は、強制労働からの解放を切望する人々の尊厳を取り戻すために、できる限りの努力を続けていくとしている。また、中華人民共和国政府に対し、新疆ウイグル自治区に住むイスラム教徒主体のウイグル人と他の民族・宗教的少数民族のメンバーに対する大量虐殺と人道に対する犯罪を直ちに停止するよう要求していくと述べている。

【参照ページ】
(原文)The Signing of the Uyghur Forced Labor Prevention Act   
(日本語訳)米バイデン大統領、ウイグル人強制労働防止法に調印

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る