ネット・ゼロ超音速航空機メーカーBoom、DAC企業Climeworksと炭素回収契約を締結

ネット・ゼロ超音速航空機メーカーBoom、DAC企業Climeworksと炭素回収契約を締結

5月3日、超音速航空機メーカーのBoom Supersonicは、Direct Air Capture(DAC)企業のClimeworksとの長期契約を発表した。本契約の一環として、 Climeworksは、Boomの残留排出物を大気から除去して永久保存し、2025年までに炭素排出量ゼロを達成するというBoomの目標達成に貢献する。

Boomは現在、新しい民間旅客機「Overture」を開発中である。既存の民間ジェット機の約2倍の速度であるマッハ1.7での飛行が可能であり、100%サステナブルな航空燃料で飛行できるように設計され、ネット・ゼロ・カーボン飛行を可能にする。昨年、BoomはOverture15機と追加35機のオプション購入という画期的な契約をユナイテッド航空と結び、2029年に商業運航を開始予定である。

Boomは2021年にカーボンニュートラルを達成しており、現在は2025年までのネット・ゼロ・カーボン達成を目標に掲げている。同社は最近、バリューチェーンの全排出量(スコープ1~3)を測定し、炭素削減を推進する機会を継続的に評価・実現し、緩和できない残留排出物に対してインパクトが大きく高品質なカーボンオフセットソリューションに投資するというステップを含む、ネット・ゼロへのロードマップの概要を発表した。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げている。当技術は、大気中から直接CO2を抽出して原料として使用したり、貯蔵と組み合わせて永久に除去したりするものである。

2009年に設立されたClimeworksは、アイスランドにある世界最大のDACおよび貯蔵施設「Orca」をはじめ、これまでに世界中で15のプラントを建設しており、DACプロバイダーのリーディングカンパニーとして成長している。先月、Climeworksは、DACの生産能力拡大のための資金調達として、6億5,000万ドル(約849億円)の増資を完了した。

【関連記事】Climeworks、DACの生産能力拡張を目的とする800億円超の調達を実施

【参照ページ】
(原文)Boom Supersonic Accelerates Towards 2025 Net-Zero Carbon Pledge with European-Based Climeworks Deal

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る