Climeworks、DACの生産能力拡張を目的とする800億円超の調達を実施

 

4月5日、Climeworksは、Partners Groupとシンガポールの政府系ファンドGICが主導する資金調達ラウンドで、6億5000万米ドル(約804億円)の調達を発表した。本資金調達は、ClimeworksのDirect Air Capture(DAC)の生産能力拡大を資金使途とする。

その他の投資家には、Baillie Gifford 、Carbon Removal Partners 、Global Founders Capital 、M&G 、Swiss Reが含まれている。

DACは、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出して原料として使用したり、貯蔵と組み合わせて永久に除去することができる。IPCCの気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年にわたって年間数十億トンにまで拡大し、DACはその大部分を占める可能性があるとされている。

ClimeworksのDAC装置は、再生可能エネルギーまたは廃棄物由来のエネルギーのみで駆動する。本装置は、モジュール式の二酸化炭素回収装置で構成されており、ファンで空気を取り込み、高選択性フィルター素材の表面に二酸化炭素を捕獲し、高純度、高濃度の二酸化炭素を取り出す。Climeworksは、CO2貯蔵ソリューションプロバイダーのCarbfix社と提携し、回収した二酸化炭素を水と混合して地下深くに注入し、最終的には自然鉱化により石になる。同社によると、本プロセスは、再生可能エネルギーと地中貯留のオプションがある世界の他の地域でも適用可能である。

Climeworksは、本資金調達により、DACの生産能力を数百万トンまで拡大する計画で、同社の次の成長段階を切り開くことになると述べている。

【参照ページ】
Accelerating the direct air capture industry : Climeworks raises CHF 600 million in equity funding

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る