炭素管理プラットフォームSweep、90億円超のシリーズB資金調達を実施

 

4月5日、Sweepは7,300万ドル(約90億円)のシリーズB資金調達を発表した。今回の調達により、過去1年の調達総額は1億ドル(約124億円)を超えた。

2020年に設立されたSweepは、炭素排出量を測定するためのプラットフォームを提供する。大企業のバリューチェーン全体での排出量追跡を可能にすることで、科学的根拠に基づくデータ駆動型の脱炭素プログラムの構築を支援する。また同社は、気候変動プロジェクトへの投資によりカーボン・オフセットを可能にするマーケットプレイスも提供している。

本資金調達は、グローバル投資家のCoatueが主導し、Tony FadellのFuture Shape Fund、Balderton Capital、New Wave、La Famiglia、2050といったSweepのすべての既存投資家が参加して行われた。

【参照ページ】
(参考記事)Climate Tech Firm Sweep Raises $73 Million in Series B Funding Led by Coatue

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る