シェブロン、炭素回収除去テックIONへ450万ドル投資

炭素回収技術を提供するION Clean Energy(ION)は、今回のラウンドを主導したエネルギー大手シェブロンの低炭素ソリューションに特化した事業であるシェブロン・ニュー・エナジーズ(CNE)や、炭素管理に特化した投資家であるカーボン・ダイレクト・キャピタルを含む投資家から4500万ドル(60億円)を調達したと発表した。

2008年に設立されたコロラド州ボルダーに本社を置くIONは、燃焼後の二酸化炭素回収の全体的なコスト削減を目的とした技術を提供し、発電や産業用点源など、排出削減が困難な排出物に対してより現実的な選択肢となることを可能にしている。同社独自の液体吸収剤プロセス技術は、ボイラーで燃やされた燃料からCO2を多く含むガスを吸収塔に導き、そこで液体溶媒がCO2を吸収する。その後、溶媒を加熱してCO2を分離し、圧縮して輸送して永久的に隔離したり、付加価値の高い製品に利用したりすることができる。

IONによると、この新資本は、同社の組織拡大とICE-31液体アミン炭素回収技術の商業展開に使われる。

資金調達に加え、IONはティモシー・ベイルを新CEOに任命したことも発表した。ベイルは、再生可能燃料プラットフォームArbor Renewable GasのCEOを務めた後、天然ガスの自動車ガソリンへの転換を専門とするG2X Energy(現Proman USA)の創業者兼CEOを経て、同社に入社した。

シェブロンは2021年にCNEを立ち上げ、2028年までに低炭素事業への投資を100億ドル超に大幅に拡大する計画である。CNEは、IONへの投資に加え、同社のICE-31技術を使用して、大量かつ低濃度のCO2排出を行う顧客にサービスを提供することを検討している。

【参照ページ】
(原文)chevron invests in carbon capture and removal technology company, ION clean energy
(日本語参考訳)シェブロン、炭素回収除去テクノロジー企業、ION clean energyへ投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る