ウィンドフォール・バイオ、メタン食性微生物による産業排出量削減に向け2800万ドル調達

4月8日、気候ソリューションのスタートアップ企業であるウインドフォール・バイオは、シリーズA資金調達ラウンドで2800万ドル(43億円)を調達したと発表した。この資金調達の目的は、排出集約型産業からメタンを回収して利用するソリューションの商業化を支援することである。

メタン排出量の急速な削減は、温暖化を1.5℃に抑えるという世界的な気候目標の達成を支援するために、短期的に実施できる最も効果的な行動のひとつと考えられている。農業、化石燃料の生産と輸送、石炭採掘、埋立地などの活動から排出されるメタンは、CO2の80倍もの温暖化効果を持ち、非常に強力な温室効果ガスであると考えられている。

2022年に設立されたカリフォルニア州を拠点とするウィンドフォール・バイオは、排出されるメタンを回収し、有機肥料に変換する自然ベースのソリューションを提供している。同社のソリューションは、自然界に存在する土壌メタン捕食微生物「メタン栄養微生物」(methanotrophs)を利用するもので、大気中の窒素とともにあらゆる発生源からメタンを回収し、植物に生物学的に利用可能な栄養素を生産する。農業、石油・ガスから廃棄物管理まで幅広い産業が排出量を削減できるようにするとともに、農家には収益性の向上と環境への悪影響の低減を提供する。

同社は、この新たな資本をメタン集約型産業への試験的展開の拡大、メタン削減ソリューションに対する世界的な顧客需要の増大に対応するためのチーム増強、製造能力およびサプライチェーンの強化に充てると述べた。

本シリーズAラウンドはPrelude Venturesが主導し、アマゾンのClimate Pledge Fund、Global Brain、Incite Ventures、Positive Venturesのほか、B37 Ventures、Breakthrough Energy Ventures、Mayfield、UNTITLEDなどの既存投資家も参加した。

【参照ページ】
(原文)Windfall Bio Raises $28 Million Series A to Scale Methane Capture & Transformation Solution

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る