コンシューマー・グッズ・フォーラム、プラスチックリサイクル技術開発の新ビジョンとリサイクルに関する主要6原則を発表

CGF、新たなプラスチックリサイクル技術の開発のビジョンと、リサイクルに関する主要6原則を発表

4月13日、食品・消費財大手や小売大手が加盟する国際的な業界団体コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)のプラスチック廃棄物アクション連合は、信頼性が高く安全で環境に優しい開発のための6つの主要原則と、それらを満たし、新たなプラスチックリサイクル技術の開発を促す「プラスチックの循環型経済における化学リサイクル」というビジョンを発表した。

2021年、 同連合は、 国連のプラスチック汚染に関する条約に沿って、循環型経済の実現に向けた進展を推進するため、プラスチック包装の設計のための「ゴールデン・デザイン・ルール」の全セットを発表。同時に、メンバーは、再利用できない包装のリサイクル率を高めるために、先進国および過渡期の市場における取り組みの一環として、最適な拡大生産者責任(EPR)プログラムの枠組みを開発していた。

今回定められた、熱分解ベースのケミカルリサイクルを安全に拡大するための共通のビジョンと6つの主要原則では、メカニカルリサイクルとの補完性、材料のトレーサビリティ、プロセスの歩留まりと環境影響、健康と安全、そして訴求を中心に示した。

また、今回連合は新たに独立したライフサイクルアセスメント(LCA)調査を発表。 同調査は、環境・社会・ガバナンス(ESG)パフォーマンスとリスク管理ソフトウェア、データ、コンサルティングサービスのリーディングカンパニーであるスフェラ社が実施し、国連環境計画、ノースウェスタン大学(米国)、ユーノミア社の専門家がプロセス全体を通じてピアレビューを行った。調査の結果、リサイクルしにくいプラスチック廃棄物を化学的にリサイクルすることで、廃棄物焼却と比較して、ライフサイクルGHG排出量が43%低かったと報告している。

【参照ページ】
(原文)Consumer Goods Companies Announce Position on Chemical Recycling Technologies and Publish Life Cycle Assessment – The Consumer Goods Forum
(日本語訳)消費財メーカーが化学物質のリサイクル技術に関する見解を発表、ライフサイクルアセスメントを公表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る