LGIM、「ネット・ゼロ・コーポレート・ボンド・ファンド」を新規に設定

 

7月4日、Legal & General Investment Management(LGIM)は、ネット・ゼロ・カーボン排出とESGの改善を目指すアクティブ戦略「 L&G Net Zero Global Corporate Bond Fund」の立ち上げを発表した。

本ファンドは、英国・欧州の機関投資家およびウェルスマネージャーを対象としており、2030年までに気温を1.5℃に調整し、2050年までにネット・ゼロにするという野望を抱いている。また、グローバルなクレジット・ユニバースから長期的な財務アルファを特定し、脱炭素化目標を通じてポートフォリオの温度調整を改善することを目的としている。

LGIMによると、同ファンドは、ポートフォリオに組み込まれた気候リスクと気候の整合性を測定し、LGIMの気候リスクフレームワークのエネルギー移行シナリオの知見を活用するなど、炭素排出強度を削減する漸進的なアプローチを採用している。また、LGIMは、世界の気候変動に関する目標を達成する上で重要であると認識されている企業とも連携していく予定である。

本ファンドのその他のESGの特徴としては、LGIMの「未来の世界保護リスト」の基準除外項目と投資先を一致させ、物議を醸す兵器、国連グローバル・コンパクト違反、石炭会社を取り上げ、また、当社の国連持続可能な開発目標(SDGs)スコアリングプロセスを使用して発行者の長期的な持続可能性を評価することが挙げられる。

【参照ページ】
(原文)LGIM launches Net Zero Global Corporate Bond Fund
(日本語訳)LGIM、「ネット・ゼロ・コーポレート・ボンド・ファンド」を新規に設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る