炭素転換スタートアップ企業Twelve、約176億円を調達 回収したCO2を製品化

 

6月29日、炭素転換スタートアップのTwelveは回収したCO2から製品を作る技術のエンジニアリング、製造、展開の加速を支援する目的で、1億3,000万ドル(約176億円)の資金調達を発表した。

Twelveは、化石燃料の代わりに炭素から化学品、材料、燃料を工業規模で製造し、自動車、家庭用品、アパレル産業、輸送用燃料に利用する。同社の炭素変換技術は、回収したCO2を水と再生可能エネルギーを入力とし、水と酸素のみを出力とする製品に変換するものである。

同社によると、化学品、材料、燃料の生産に使用される化石原料を、ポイントソースまたは直接大気からの回収による再生可能な炭素に置き換えることで、世界のGHG排出量の約10%を回避することができるとされている。

Twelveは、同社の技術を利用する顧客には、Mercedes-Benz、Procter & Gamble、Shopify、 NASA、the U.S. Air Forceなどが含まれると述べている。同社は、サステナブルファッションブランドPANGAIAとのサングラスラインや、カーボンニュートラルなサステナブル航空燃料(SAF)などを最初に商品化した。

本資金調達ラウンドは、ベンチャーキャピタルのDCVCが主導し、Capricorn Technology Impact FundとCarbon Direct Capital Managementが参加した。Breakout Ventures、Munich Re Ventures、Elementum Ventures、Microsoft Climate Innovation Fundも参加した。また、Twelveは、Chan Zuckerberg InitiativeからシリーズBと戦略的プログラムへの投資も獲得している。

【参照ページ】
(参考記事)Twelve to Deploy World’s First Industrial-Scale Carbon Transformation Platform

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る