Macquarieと再エネ開発企業Bluestone Energy、最大2GWの蓄電池プロジェクト開発を発表

6月14日、Macquarie(マッコーリー)のGreen Investment Group(GIG)と再生可能エネルギー開発企業のBluestone Energyは本日、英国の電力網に接続する再生可能エネルギー容量の増量を目的に、最大2GWのバッテリー貯蔵プロジェクトを開発する計画を発表した。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換のための重要な投資分野として注目されている。風力や太陽光など多くの再生可能エネルギーは断続的に発電する性質があり、24時間体制でエネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしないことが求められるため、蓄電は急速に拡大するクリーンエネルギー移行において主要な構成要素の1つを形成している。

両社は、今回の共同開発契約により、最大2GWの蓄電池プロジェクトの開発を目指す。すでに970MWのプロジェクトが開発初期段階にあり、系統接続のオファーを獲得している。

【参照ページ】
(原文)GIG, Bluestone Energy to develop up to 2 GW of battery storage in UK
(日本語訳)マッコーリーのGIGとBluestone Energy、最大2GWの蓄電池プロジェクト開発を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る