Macquarieと再エネ開発企業Bluestone Energy、最大2GWの蓄電池プロジェクト開発を発表

6月14日、Macquarie(マッコーリー)のGreen Investment Group(GIG)と再生可能エネルギー開発企業のBluestone Energyは本日、英国の電力網に接続する再生可能エネルギー容量の増量を目的に、最大2GWのバッテリー貯蔵プロジェクトを開発する計画を発表した。

エネルギー貯蔵ソリューションは、エネルギー転換のための重要な投資分野として注目されている。風力や太陽光など多くの再生可能エネルギーは断続的に発電する性質があり、24時間体制でエネルギー需要を満たしながら、エネルギーを無駄にしないことが求められるため、蓄電は急速に拡大するクリーンエネルギー移行において主要な構成要素の1つを形成している。

両社は、今回の共同開発契約により、最大2GWの蓄電池プロジェクトの開発を目指す。すでに970MWのプロジェクトが開発初期段階にあり、系統接続のオファーを獲得している。

【参照ページ】
(原文)GIG, Bluestone Energy to develop up to 2 GW of battery storage in UK
(日本語訳)マッコーリーのGIGとBluestone Energy、最大2GWの蓄電池プロジェクト開発を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る