ソフトウェア企業Emerson、2045年までにバリューチェーンからの排出をネット・ゼロに

6月14日、テクノロジー・エンジニアリング・産業用ソフトウェアのグローバル企業であるEmerson(エマソン)は、2045年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)の排出をネット・ゼロにするという新しい気候目標を発表した。エマソンは、Scope 1、2、3の排出量を90%削減し、残りの10%は高品質のカーボンニュートラル化活動(カーボンオフセット)に依存するという、主に排出量の絶対削減によって新しい目標を達成する予定だ。

また、エマソンは2030年の短期目標として、2021年を基準として、Scope 1と2の排出量を事業全体でネット・ゼロにし、Scope 3の排出量を25%削減する。

同社は、2030年までに再生可能な電力を100%調達、製品ライフサイクル評価を用いて製品ポートフォリオのCO2排出量を削減、エネルギー効率の高いソリューションを世界各地の事業所に統合、クリーンエネルギー技術を通じて顧客の電力網脱炭素化を支援、公共部門と協力、などを含む詳細なネット・ゼロロードマップを発表した。

2030年の目標は、 パリ協定の目標達成に求められる1.5℃経路と整合するものとして承認された。エマソンはまた、SBTiのネット・ゼロ基準に沿った2045年目標の検証を目指す。

エマソンの新しい目標は最新のESG報告書に概説されており、2030年までに世界の女性の割合を40%に、米国の少数民族の割合を30%に倍増するという長期的な多様性目標も掲げられている。

【参照ページ】
(原文)Emerson Announces Net Zero Targets, Issues 2021 ESG Report
(日本語訳)Emerson、2045年までにバリューチェーンからの排出をネット・ゼロにすることを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る