ソフトウェア企業Emerson、2045年までにバリューチェーンからの排出をネット・ゼロに

6月14日、テクノロジー・エンジニアリング・産業用ソフトウェアのグローバル企業であるEmerson(エマソン)は、2045年までにバリューチェーン全体で温室効果ガス(GHG)の排出をネット・ゼロにするという新しい気候目標を発表した。エマソンは、Scope 1、2、3の排出量を90%削減し、残りの10%は高品質のカーボンニュートラル化活動(カーボンオフセット)に依存するという、主に排出量の絶対削減によって新しい目標を達成する予定だ。

また、エマソンは2030年の短期目標として、2021年を基準として、Scope 1と2の排出量を事業全体でネット・ゼロにし、Scope 3の排出量を25%削減する。

同社は、2030年までに再生可能な電力を100%調達、製品ライフサイクル評価を用いて製品ポートフォリオのCO2排出量を削減、エネルギー効率の高いソリューションを世界各地の事業所に統合、クリーンエネルギー技術を通じて顧客の電力網脱炭素化を支援、公共部門と協力、などを含む詳細なネット・ゼロロードマップを発表した。

2030年の目標は、 パリ協定の目標達成に求められる1.5℃経路と整合するものとして承認された。エマソンはまた、SBTiのネット・ゼロ基準に沿った2045年目標の検証を目指す。

エマソンの新しい目標は最新のESG報告書に概説されており、2030年までに世界の女性の割合を40%に、米国の少数民族の割合を30%に倍増するという長期的な多様性目標も掲げられている。

【参照ページ】
(原文)Emerson Announces Net Zero Targets, Issues 2021 ESG Report
(日本語訳)Emerson、2045年までにバリューチェーンからの排出をネット・ゼロにすることを約束

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る