気候管理・会計プロバイダーPersefoni、企業や投資家向けのカーボン・モデリングおよびマネジメント・ソリューションを提供開始

6月14日、気候管理・会計プラットフォーム(CMAP)プロバイダーのPersefoni(ペルセフォーニ)は、企業や投資家が排出削減目標を設定、管理、報告し、持続可能な投資戦略を追求するための新ツールシリーズの提供を開始した。新ソリューションには、気候軌道モデリング(CTM)および気候影響ベンチマーク(CIB)モジュールが含まれる。

CTMモジュールにより、企業や投資家は、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)に沿った排出削減目標をより容易に設定でき、脱炭素化目標達成のために必要な意思決定の理解を深めることができる。本ソリューションは、ペルセフォーニの炭素会計、報告、管理ソフトウェアを使用しており、規制当局、機関投資家、顧客、サプライチェーンパートナーから要求されるさまざまな開示フレームワークへの準拠を可能にしている。

CIBモジュールでは、気候調査プロバイダーであり環境開示プラットフォームであるCDPの排出量データに基づき、国別・セクター平均の排出量強度および炭素パフォーマンスのベンチマークを設定し、投資ポートフォリオの配分に優先順位をつけることが可能だ。本ソリューションでは、ユーザーはベンチマークを設定したい企業またはポートフォリオを選択し、他の10社またはポートフォリオとカーボンパフォーマンスを比較できる。

【関連記事】ERMとPersefoni、気候変動開示のフレームワークの収束と差異を明らかにする調査結果を発表

【参照ページ】
(原文)Accelerate Your Carbon Accounting Strategy with New Benchmarks and Modeling from Persefoni
(日本語訳)Persefoni、企業や投資家向けのカーボン・モデリングおよびマネジメント・ソリューションを提供開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る