GFANZ、金融業界の気候変動対策コミットメントを実行に移すためのフレームワークを発表

6月15日、国連の支援を受け、気候変動に焦点を当てた金融機関の連合体であるGlasgow Financial Alliance for Net Zero (GFANZ) は、投資家、銀行、保険会社、その他の金融サービスプロバイダーがネット・ゼロの約束を実行に移すための指針となる、ネット・ゼロ移行計画 (NZTP) フレームワークを提案し、開始を発表した。

2021年4月に発足したGFANZは、資産所有者や運用者、銀行、保険会社、投資コンサルタント、サービスプロバイダー、投資家など金融業界全体のセクターを代表する複数の主要なネット・ゼロ団体を結集している。当連合は、世界中で450社以上のメンバー企業に達しており、130兆ドル(約1京7,490兆円)以上の資産を代表している。

【関連記事】ネット・ゼロを目指す金融連合GFANZ、COP26にて進捗を報告。参画機関の資産は約1.5京円に

GFANZのメンバーは、2050年までにすべての排出範囲においてネット・ゼロを達成するために、科学的根拠に基づくガイドラインを使用し、中間目標の設定、進捗に関する透明性のある報告および会計を提供するなど、地球規模の気候目標支援にコミットしている。

GFANZの新しいフレームワークの草稿は、上記コミットメントを実行に移すために、企業が信頼できる、科学と整合した移行計画を策定し、実施するためのセクター全体のガイダンス提供を目的としている。

フレームワークでは、ネット・ゼロ計画の主要な構成要素として、目標・マイルストーン・スケジュールを含む計画の目的と優先順位の設定、1.5℃パスウェイと製品・サービスの整合性を含む実施戦略、中核的意思決定プロセスへのネット・ゼロ目標統合と優先分野の政策の確立、顧客・ポートフォリオ企業・業界関係者・政府・公共部門に対する組織の関与戦略などを示している。また、本フレームワークでは、ネット・ゼロの戦略と優先事項を支える主要な指標に対して目標を設定するための推奨事項を示している。

【参照ページ】
(原文)GFANZ Financial Institution Net-zero Transition Plans

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る