GFANZ、金融業界の気候変動対策コミットメントを実行に移すためのフレームワークを発表

6月15日、国連の支援を受け、気候変動に焦点を当てた金融機関の連合体であるGlasgow Financial Alliance for Net Zero (GFANZ) は、投資家、銀行、保険会社、その他の金融サービスプロバイダーがネット・ゼロの約束を実行に移すための指針となる、ネット・ゼロ移行計画 (NZTP) フレームワークを提案し、開始を発表した。

2021年4月に発足したGFANZは、資産所有者や運用者、銀行、保険会社、投資コンサルタント、サービスプロバイダー、投資家など金融業界全体のセクターを代表する複数の主要なネット・ゼロ団体を結集している。当連合は、世界中で450社以上のメンバー企業に達しており、130兆ドル(約1京7,490兆円)以上の資産を代表している。

【関連記事】ネット・ゼロを目指す金融連合GFANZ、COP26にて進捗を報告。参画機関の資産は約1.5京円に

GFANZのメンバーは、2050年までにすべての排出範囲においてネット・ゼロを達成するために、科学的根拠に基づくガイドラインを使用し、中間目標の設定、進捗に関する透明性のある報告および会計を提供するなど、地球規模の気候目標支援にコミットしている。

GFANZの新しいフレームワークの草稿は、上記コミットメントを実行に移すために、企業が信頼できる、科学と整合した移行計画を策定し、実施するためのセクター全体のガイダンス提供を目的としている。

フレームワークでは、ネット・ゼロ計画の主要な構成要素として、目標・マイルストーン・スケジュールを含む計画の目的と優先順位の設定、1.5℃パスウェイと製品・サービスの整合性を含む実施戦略、中核的意思決定プロセスへのネット・ゼロ目標統合と優先分野の政策の確立、顧客・ポートフォリオ企業・業界関係者・政府・公共部門に対する組織の関与戦略などを示している。また、本フレームワークでは、ネット・ゼロの戦略と優先事項を支える主要な指標に対して目標を設定するための推奨事項を示している。

【参照ページ】
(原文)GFANZ Financial Institution Net-zero Transition Plans

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る