Planet A、科学的根拠に基づくグリーンテックVCファンドのために約211億円を調達

Planet Aが科学的根拠に基づくグリーンテックVCファンドのために約211億円を調達

2月11日、ドイツに拠点を置くベンチャーキャピタル投資会社Planet A Venturesは、投資プロセスにおいて科学的根拠に基づくインパクト重視のアプローチを活用し、欧州のグリーンテックスタートアップを支援するため、1億6千万ユーロ(約211億円)を調達し、最初のファンドをクローズしたことを発表した。

2020年に設立されたPlanet Aは、世界最大の環境問題の解決に大きなプラスの影響を与えることができる革新的な技術を持つスタートアップに投資している。また、ビジネスモデルの基準を考慮するだけでなく、欧州のVCファンドとしては初めて社内のサイエンスチームを活用し、技術のポジティブインパクトの重要性に基づいて投資先を選定している。

科学チームがライフサイクルインパクトを評価するために考慮する要素には、原材料の抽出、生産、輸送、使用、寿命の終わりを含む、製品やサービスのすべての資源、材料の流れ、および排出が含まれる。

本ファンドは、農林業・食品、建設・不動産、エネルギー・熱、製造、輸送・移動、水・廃棄物・浄化など、幅広い分野のヨーロッパの初期段階のソフトウェアおよびハードウェアの新興企業を支援している。

Planet Aは、これまでに14社のグリーンテック新興企業に投資しており、投資先には、サプライチェーンの脱炭素化技術を提供するMakersiteや、炭素鉱物化技術を提供する44.01などがある。

本ファンドのLP投資家には、BMW、KfWキャピタル、ドイツの小売業者REWE、デンマークの国営投資ファンドVaekstfonden/EIFO、Rolf Schrömgens(Trivago)、 Maximilian Backhaus(HelloFresh)、 Rubin Ritter(Zalando)といった起業家たちが含まれている。

【参照ページ】
(原文)Berlin’s Planet A Ventures closes first fund at €160 million to back impactful GreenTech innovation | EU-Startups
(日本語参考訳)Planet A、科学的根拠に基づくグリーンテックVCファンドのために約211億円を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る