SEC、投資顧問やファンドのESG投資の実践を調査へ

SEC、投資顧問やファンドのESG投資の実践を調査へ

2月7日、米国証券取引委員会(SEC)は、2023年にESG投資を審査部門の優先分野とし、投資顧問会社や投資会社を含む市場参加者の監視と重点審査を行う指針を示すと発表した。

ESGの問題は、2021年に発表されたリスクアラートを受けて、昨年、同部門の優先リストに加えられた。その際、ESGアプローチに関する開示と一致しないポートフォリオ管理の実践、ESG関連の委任状投票の主張と実際の実践との不整合、企業が表明したESGフレームワークの遵守に対応していない遵守プログラム、さらには、マーケティング資料がESG投資のリスクと収益の特性に関して根拠のない、あるいは誤解を招く可能性のある主張をしていた事例など、いくつかの潜在的ESG関連の問題領域が明らかになったと指摘された。

同部門は、今年の「審査優先事項」の中で、ESG投資への注目は、投資アドバイザーやファンドが、ESG関連の投資や戦略に対する投資家の需要の高まりに対抗し、これらの戦略や投資を採用した商品の提供を拡大していることに起因すると指摘している。

同部門によると、審査はESG関連のアドバイザリーサービスやファンドの提供に焦点を当て、ファンドが開示内容通りに運営されているかどうかを評価するとしている。SECは昨年、ESGファンドの名称や、ESG要素を投資商品に組み込んでいると主張するファンドやアドバイザーの情報開示に関する規則案を発表しており、ESG商品が適切に表示されているかどうかも審査の対象となる。また、個人投資家に対するESG商品の推奨が、投資家の最善の利益のために行われているかどうかも審査の対象となる。

【参照ページ】
(原文)SEC Division of Examinations Announces 2023 Priorities
(日本語参考訳)SEC、投資顧問やファンドのESG投資の実践を調査へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る