マイクロソフト、地域社会へのコミットメント「データセンター・コミュニティ誓約」を発表

6月2日、マイクロソフトは、「データセンター・コミュニティ誓約書」の制定を発表した。この誓約書は、同社が拡大するデータセンターが社会的課題に対処し、地域コミュニティに利益をもたらすことを確実にすることを目的とし、一連の環境持続可能性とコミュニティへのコミットメントを含む。

この新しい誓約は、「持続可能な未来への貢献」を含む3つの主要分野に重点を置いており、「社会の気候変動目標を支援し、2030年までにカーボン・マイナス、ウォーター・プラス、廃棄物ゼロとなるようデータセンターを設計・運営する」、「地域社会の繁栄と福祉を推進する」、「当社が事業を展開する地域社会に、地域的、経済的、社会的、環境的に大きな利益を提供する」、「良き隣人として責任ある事業活動を行う」ことを約束している。

同社は、2030年までに二酸化炭素排出量をゼロにする、2025年までに全世界で再生可能エネルギーを100%調達する、データセンター運営で消費する水量を上回る水を補充する、などの環境持続可能性目標を含む、公約に向けた行動と目標を概説している。

マイクロソフトが地域社会への影響を強化するために示した行動には、地方自治体、企業、学校、非営利団体と提携し、高賃金の雇用や実習の機会を創出すること、デジタルスキル研修やSTEM教育を提供すること、地域の持続可能性への投資、持続可能な開発手法や建築資材の使用、騒音や光の低減対策の活用、開発・運営を通じた近隣住民や地域社会との協力などが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Microsoft’s Datacenter Community Pledge: To build and operate digital infrastructure that addresses societal challenges and creates benefits for communities
(日本語参考訳)マイクロソフトのデータセンター・コミュニティ誓約: 社会的課題に取り組み、地域社会に利益をもたらすデジタルインフラを構築・運用する。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る