全米自動車労働組合、フォード、GM、ステランティスで新労働契約を批准

11月20日、全米自動車労働組合(UAW)は、ストライキの後、フォード、ゼネラル・モーターズ(GM)、ステランティスの3社は新協約を批准したと発表した。3社全体で、投票権を持つ組合員の64%が協約に賛成票を投じた。

ビッグスリーのUAW自動車労組15万人は、生活費調整(COLA)から退職者の年次ボーナス、 賃金階層の撤廃まで、大不況時に犠牲になった主要条項を取り戻した。

契約条項には以下が含まれる。

  • 少なくとも 33%から 160%以上の昇給:協約期間中、組合員はCOLAと複利賃上げを考慮した上で少なくとも33%の昇給を見込み、一部の低賃金労働者については最高160%以上の昇給を見込む。数万人の自動車労働者は、批准後直ちに40%以上の賃上げを受ける
  • 最賃への昇格の迅速化:3社すべてで、組合は最賃への昇格期間を8年から3年に短縮することを勝ち取った。これにより、2011 年の協約以前の昇給が復活した
  • ベルビデールの再開とアメリカへの再投資:ステランティスは、2月に閉鎖したイリノイ州ベルビデールの組立工場の再開に合意し、同地に1,000人以上の組合員を雇用する32億ドルのバッテリー工場を建設することを約束した。交渉開始当初、同社は米国内で5,000人以上の時間給雇用を削減する予定だった。現在は5,000人以上を雇用する予定である
  • 公正なEV移行への道を切り開く:UAWは自動車メーカー3社すべてで約束を勝ち取り、当組合の全国協約の下で数千人の電気自動車(EV)とバッテリーの雇用を創出することになった
  • すべての現役・退職組合員の退職保障を改善:現役退職者は15年ぶりに年間ボーナスを受け取り、給付を12億5,000万ドル(約2,000億円)増額する。これは、組合が過去4回の協約で退職者のために獲得した額を合わせて10億ドル(約1,500億円)上回る額である。3社すべてで、2007年以前に雇用された労働者が15年以上ぶりに年金倍率の引き上げを勝ち取った。当組合は 2007 年以降に採用された労働者の確定給付年金を取り戻せなかったが、401(k)への雇用者拠出が10%に大幅に引き上げられ、多くの組合員の年間401(k)拠出額は協約期間中に 2 倍以上になる

【参照ページ】
(原文)UAW Members Ratify Historic Contracts at Ford, GM and Stellantis
(日本語参考訳)全米自動車労働組合、フォード、GM、ステランティスで新労働契約を批准

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る