アマゾン、70以上の太陽光・風力発電プロジェクトを新設

アマゾン、70以上の太陽光・風力発電プロジェクトを新設

9月21日、アマゾンは、クリーンエネルギー調達の大幅な拡大を発表し、世界各地で新たに71の風力・太陽光発電プロジェクトを公開、270万kWの容量を追加し、企業による世界最大の再生可能エネルギー購入者としての地位を確固たるものにした。

本発表により、アマゾンは21カ国において風力・太陽光発電所154件、屋上太陽光発電所225件を含む合計379件の再生可能エネルギープロジェクトを保有し、その発電容量は1850万kWとなった。アマゾンのグローバルな再生可能エネルギー・ポートフォリオが完全に稼働すれば、5万ギガワット時(GWh)のクリーンエネルギーを発電し、これは米国の460万世帯の年間電力需要に相当する電力量になる。

本プロジェクトには、インドにおける同社初の大規模太陽光発電所3件(420MWのクリーンエネルギー容量)、フランスとオーストリアにおける同社初の屋上太陽光発電所プロジェクト、ポーランドにおける同社初の太陽光発電所が含まれる。またアマゾンでは、米国南東部に100万kWのクリーンエネルギー容量を追加するほか、ブラジルに南米初の再生可能エネルギープロジェクトとなる12万2000kWの太陽光発電所を建設する。

アマゾン・ウェブ・サービスのCEOであるアダム・セリプスキーは、2030年の目標をはるかに上回る2025年までに事業全体の再生可能エネルギー100%を達成する予定であると述べている。アマゾンは2021年末までに事業全体の85%の再生可能エネルギーを達成した。

【参照ページ】
(原文)Amazon expands its renewable energy projects with firsts in Brazil, India, and Poland
(日本語訳)アマゾン、ブラジル、インド、ポーランドで初の再生可能エネルギープロジェクトを拡大

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る