T-Mobile、バリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションにコミット

 

1月30日、無線通信事業者のT-Mobile米国法人は、2040年までに、自社事業だけでなく、サプライヤーや顧客の端末利用による排出も含め、バリューチェーン全体で炭素排出量をネット・ゼロにする新たな目標を発表した。

T-Mobileは、Scope 1、2、3のすべての排出量について、Science Based Targets initiative(SBTi)がNet Zero Standardを通じて検証したネット・ゼロ目標を設定した初の米系無線会社となる。

T-Mobileはまた、2019年にAmazonとGlobal Optimismが共同で設立した、パリ協定より10年先にネット・ゼロを達成することを約束する企業や組織のクロスセクターコミュニティを作るイニシアティブ、The Climate Pledgeに参加したことを発表している。

本イニシアティブに署名した企業は、GHG排出量を定期的に測定・報告し、実際のビジネスの変化やイノベーションを通じてパリ協定に沿った脱炭素戦略を実施し、残った排出量を定量的、現実的、恒久的、社会的に有益な追加オフセットで中和し、2040年までに年間の炭素排出量ネット・ゼロを達成するなど多くのステップに同意する。

【参照ページ】
(原文)T-Mobile pledges net-zero emissions by 2040 – including Scope 3
(日本語参考訳)T-Mobile、バリューチェーン全体でネット・ゼロ・エミッションにコミット

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る