米電機メーカーCarrier、「Carrier Ventures」の設立を発表。顧客の脱炭素化を実現するスタートアップに投資

 

2月17日、米国電機メーカーのCarrierは、持続可能なイノベーションとコールドチェーン技術を加速する企業への投資を目的とした新しいVCファンドCarrier Venturesの設立を発表した。

Carrierによると、Carrier Venturesは顧客の大規模な脱炭素化に貢献する。Carrierは2020年にESG目標を導入した。その中には、顧客の二酸化炭素排出量を1ギガトン以上削減する目標が含まれており、より健康的で安全かつ持続可能な建物とコールドチェーンのソリューションの開発に向けて、今後10年間で20億ドル以上を投資する。

またCarrierは、今回の設立と同時にCarrier Venturesの最初の投資先であるAddVoltとOhmConnectの2社を紹介した。AddVoltは冷蔵輸送市場向けに世界初のプラグイン電気システムを開発しており、OhmConnectはグリッド需要が高い時間帯にエネルギーを節約することでユーザーに報酬を与えるサービスを提供している。

【参照ページ】
(参考記事)Carrier Launches Corporate Venture Capital Group to Accelerate Sustainable Innovation and Disruptive Building & Cold Chain Technology

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る