Schroders、持続可能な株式・債券・デジタルインフラストラクチャーの新ファンドを発表

 

2月21日、Schrodersは複数の新しいサステナブル投資ファンドの立ち上げを発表した。Digital infrastructure fund、Sustainable bond fund、そしてUK Unit Trust for its European Sustainable Equity fundを新たに提供する。

Digital infrastructure fundは、Schrodersのテーマ別戦略「グローバル・トランスフォーメーション・レンジ」に新たに加わったファンドである。本ファンドのマネージャーは、デジタルインフラ企業に焦点を当てたアクティブ投資アプローチを適用する予定だ。

Sustainable bond fundは、世界の債券市場の全領域における持続可能な投資によるリターンの提供を目的とする。本ファンドは同社のテーマ別債券投資プロセスを活用し、先進国および新興国のソブリン債と社債の両方に投資する。

UK Unit Trust for its European Sustainable Equity fundは、ESG要因によって引き起こされる長期的なアウトパフォーマンスを目的とする。本ファンドは、投資リサーチをSchroders ESG投資フレームワークのCONTEXTとSustainExと組み合わせている。CONTEXTは、タバコ・武器・化石燃料・アルコール・ギャンブルから収益の10%を得ている企業をスクリーニングしながら、セクターをリードする持続可能性プロファイルを持つ企業、および「改善中」と分類される企業を特定することを目的とする。また、SustainEx はSchrodersの投資家が、企業が社会に与えるあらゆる影響に財務的価値を見出すことを可能にする。

【参照ページ】
(原文)Schroders launches Sustainable Bond Fund for global corporates and sovereigns
(日本語訳)Schroders、持続可能な株式・債券・デジタルインフラストラクチャーの新ファンドを発表

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る