Enfinity、日本の250MWの太陽光発電ポートフォリオを買収

 

2月17日、再生可能エネルギー及びサステナビリティサービス大手のEnfinity Globalは、日本における250MWの太陽光発電ポートフォリオの取得を発表した。本ポートフォリオには3つの太陽光発電所と建設中の5つのプロジェクトが含まれる。

本買収により、Enfinityは日本での事業を大幅に拡大し、9つの自社所有・管理プロジェクトで281MWの自然エネルギーポートフォリオを保有することになる。これらのポートフォリオはすべて、再生可能電力技術の展開を奨励する政策ツールであるFeed in Tariff programの下で運営している。

Enfinityは、日本における再生可能エネルギー生産能力の急速な拡大を受けて本買収を行った。日本政府は2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合を、現在の20%未満から36%〜38%に倍増させる計画を盛り込んだ。日本は2050年までにネットゼロエミッションを達成することを約束しており、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減するという中間目標を掲げている。

Enfinityは、2022年も日本の再生可能エネルギー市場でプラットフォーム強化を続ける予定だ。

【参照ページ】
(原文)Enfinity Global consolidates platform in Japan through the acquisition of 250 MW solar portfolio
(日本語訳)Enfinity、10億ドル規模の太陽光発電を買収 日本の再生可能エネルギー・ポートフォリオを拡大

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る