Honeywell、再生可能ナフサを生産する新技術を発表。脱炭素化を実現

Honeywell、再生可能ナフサを生産する新技術を発表

2月9日、Honeywellは、再生可能ナフサを生産する新しいソリューションの導入を発表した。 本ソリューションでは、 Honeywell UOP Ecofining™技術を使用し、 使用済み食用油や動物性油脂などの持続可能な原料から高収率のナフサを生産する。

ナフサは従来、原油や天然ガスコンデンセートを原料としていたが、現在では再生可能原料からの生産が可能だ。再生可能ナフサは、石油系原料と比較し温室効果ガスの排出量が50~80%少ない。

さらなる脱炭素化の方法として、再生可能ナフサのUOP Ecofiningプロセスは、Honeywell H2 Solutionsポートフォリオを通じて、再生可能水素の生産やCO2回収・貯留(CCS)技術と組み合わせる。 例えば、再生可能水素とCO2回収を備えたEcofiningユニットで使用済み食用油などの持続可能な石油原料を日量1万バレル処理する場合、石油ナフサと比較して年間100万トン以上のCO2排出削減が可能となる。

Honeywell UOPがEni SpAと共同で開発した本プロセスは、非食用植物油と動物性油脂をHoneywellグリーンディーゼルに変換し、バイオディーゼルや石油系ディーゼルよりも優れた性能を提供する。

【参照ページ】
(原文)Honeywell Introduces New Technology To Produce Key Feedstock For Plastics
(日本語訳)Honeywell、再生可能ナフサを生産する新技術を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る