ABB、衛星画像処理技術を約34億円で受注。気候変動・森林火災の発生状況などを予測

 

2月16日、多国籍エンジニアリング企業のABBは、カナダのデータ・分析会社EarthDaily Analytics(EDA)から約3,000万ドル(約34億円)相当の契約の受注を発表した。本受注は2022年第1四半期に計上する。

人工衛星は、搭載する「マルチスペクトル画像システム」によって、特定の光の周波数でデータを取得する。また、ABBの技術を衛星ネットワークに導入することで、衛星が地球を一周する間に、地球の陸地や広大な海域の画像を継続的に取得することができる。EDAの人工知能ベースの分析システムは、これらの画像から収集したデータを処理し、地球の生態系や、気候変動の影響・進行に関する情報を含む実用的な洞察を提供する。

また、本システムは農作物の健康状態の監視や森林火災の発生状況の予測などにも役立つ可能性がある。収集されたデータは、環境保護や持続可能な資源管理など、積極的な環境活動への支援にも貢献する。

本プロジェクトにおいてABBは、Xiphos Systems CorporationやLoft Orbitalと協力する予定である。

【参照ページ】
(原文)ABB secures $30 million order for satellite imaging technology helping detect environmental changes in near real-time
(日本語訳)ABB、衛星画像処理技術を約34億円で受注

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る