ABB、衛星画像処理技術を約34億円で受注。気候変動・森林火災の発生状況などを予測

 

2月16日、多国籍エンジニアリング企業のABBは、カナダのデータ・分析会社EarthDaily Analytics(EDA)から約3,000万ドル(約34億円)相当の契約の受注を発表した。本受注は2022年第1四半期に計上する。

人工衛星は、搭載する「マルチスペクトル画像システム」によって、特定の光の周波数でデータを取得する。また、ABBの技術を衛星ネットワークに導入することで、衛星が地球を一周する間に、地球の陸地や広大な海域の画像を継続的に取得することができる。EDAの人工知能ベースの分析システムは、これらの画像から収集したデータを処理し、地球の生態系や、気候変動の影響・進行に関する情報を含む実用的な洞察を提供する。

また、本システムは農作物の健康状態の監視や森林火災の発生状況の予測などにも役立つ可能性がある。収集されたデータは、環境保護や持続可能な資源管理など、積極的な環境活動への支援にも貢献する。

本プロジェクトにおいてABBは、Xiphos Systems CorporationやLoft Orbitalと協力する予定である。

【参照ページ】
(原文)ABB secures $30 million order for satellite imaging technology helping detect environmental changes in near real-time
(日本語訳)ABB、衛星画像処理技術を約34億円で受注

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る