Verisk Maplecroft、ソブリンESGリスク格付を開始

Verisk Maplecroft、ソブリンESGリスク格付を開始

2月16日、Verisk Maplecroftは、ソブリン債市場の持続可能性要因の追跡のために開発したソブリンESG格付けを発表した。

本格付けは、198カ国について9つのESGの側面から37の課題を評価する。 Veriskによると、本格付けはクラスター分析に基づく独自の手法を活用することで、ソブリンにおけるESGの世界の複雑さをより適切に捉えることができる。

Veriskは、ESGデータと債券スプレッドの関係を調査した結果、人権の重要性やエネルギー転換に関するリスクが国の借入コストに影響を与える主要要因であると述べている。

また同社のデータに関する調査によると、人権はソブリンの借入コストの低下に、環境問題はソブリン・プライシングと強く関連しており、ESG課題は複数のレベルで非常に重要であると示している。また、ソブリン債市場がESG課題のプライシングにおいて依然として非常に非効率的であると分析している。

【参照ページ】
(参考記事)Sovereigns’ social practices under increasing scrutiny by industry

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る