Verisk Maplecroft、ソブリンESGリスク格付を開始

Verisk Maplecroft、ソブリンESGリスク格付を開始

2月16日、Verisk Maplecroftは、ソブリン債市場の持続可能性要因の追跡のために開発したソブリンESG格付けを発表した。

本格付けは、198カ国について9つのESGの側面から37の課題を評価する。 Veriskによると、本格付けはクラスター分析に基づく独自の手法を活用することで、ソブリンにおけるESGの世界の複雑さをより適切に捉えることができる。

Veriskは、ESGデータと債券スプレッドの関係を調査した結果、人権の重要性やエネルギー転換に関するリスクが国の借入コストに影響を与える主要要因であると述べている。

また同社のデータに関する調査によると、人権はソブリンの借入コストの低下に、環境問題はソブリン・プライシングと強く関連しており、ESG課題は複数のレベルで非常に重要であると示している。また、ソブリン債市場がESG課題のプライシングにおいて依然として非常に非効率的であると分析している。

【参照ページ】
(参考記事)Sovereigns’ social practices under increasing scrutiny by industry

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る