Airbus など航空関連大手4社、「グローバルSAF宣言」に署名

 

2月15日、AirbusやRolls-Royce、Safran、Singapore Airlinesは、シンガポール航空ショーにおいて、持続可能な航空燃料(SAF)の開発、生産、消費の加速・推進を約束し、「グローバル SAF 宣言」に署名した。

「SAFグローバル宣言」は、航空宇宙・航空・燃料バリューチェーンの業界パートナーに対し、今後10年間にわたるSAF普及を目的としている。

本宣言は、すべての航空会社、航空・宇宙産業に開かれており、各社の持続可能性への取り組みを補完するもので、Singapore Airlinesは、本宣言に署名した最初の航空会社である。

また、本宣言は航空宇宙の持続可能性に関する世界的なコンサルティング会社であるRoland Berger社が支援している。

【参照ページ】
(原文)Airbus, Rolls-Royce, Safran and Singapore Airlines sign Global Sustainable Aviation Fuel declaration at Singapore Airshow

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る