TotalEnergies、ドローンベースのシステムを世界的に展開 メタン排出量の新目標をバックアップ

TotalEnergies、ドローンベースのシステムを世界的に展開。メタン排出量の新目標をバックアップ

5月16日、エネルギー大手TotalEnergiesは、新たなメタン排出量削減目標を発表し、2020年比で2025年までに50%、2030年までに80%の削減を目指すと発表した。また、同社が運営するガス施設全体のメタンガス強度を0.1%未満に抑えるという目標も立てている。

新目標は、11月に開催されたCOP26において、100カ国以上が「グローバル・メタン・プレッジ」を発表し、2030年までに世界のメタン排出量を2020年比で少なくとも30%削減する約束を受けて設定された。メタン排出量の迅速な削減は、温暖化を1.5℃に抑えるという世界的な気候変動目標の達成に貢献するための、最も効果的な短期的行動のひとつである。

【関連記事】グローバル・メタン・プレッジ、COP26にて正式発足。加盟国は100カ国以上に拡大

TotalEnergiesは、2010年から2020年にかけて、操業中の事業所からのメタン排出量をすでに半減させたと発表している。

また、今回の新目標とともに、TotalEnergiesは、世界中の石油・ガス上流事業所において、ドローンによるメタン検出・定量化キャンペーン開始を発表した。

同社の新しいドローンによる排出量検知・定量化システムは、TotalEnergies、フランス国立科学研究センター(CNRS)、ランス・シャンパン・アルデンヌ大学が開発したAirborne Ultralight Spectrometer For Environmental Applications(AUSEA)技術を使用している。ドローンに搭載された小型デュアルセンサーにより、陸上・海上のあらゆる種類の産業施設において、メタンと炭素の排出を検知し、その発生源を特定することが可能である。

本システムは、ナイジェリア、イタリア、コンゴ共和国、オランダなどの施設でテストされており、今年中にTotalEnergiesが運営するすべての石油・ガス上流施設に導入される予定である。その後、同社の製油所など、同社の他の活動にも拡大する。

【参照ページ】
(原文)Methane Emissions Reduction: TotalEnergies Implements a Worldwide Drone-Based Detection Campaign 
(日本語訳)TotalEnergies、ドローンベースのシステムを世界的に展開。メタン排出量の新目標をバックアップ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る