グローバル・メタン・プレッジ、COP26にて正式発足。加盟国は100カ国以上に拡大

 

COP26気候変動枠組条約締約国会議において、「グローバル・メタン・プレッジ」が正式に発足した。EUと米国の働きかけにより、100カ国以上が署名し、今後10年間でメタン排出量を削減することを約束した。

メタン排出量の急速な削減は温暖化を1.5℃に抑えるという世界的な気候目標を達成するために、短期的に可能な最も効果的な行動の一つと考えられている。農業、化石燃料の生産・輸送、石炭採掘、埋立地などから排出されるメタンは、CO2の80倍もの温暖化係数を持つ、非常に強力な温室効果ガスである。しかし、大気中での寿命が10〜12年とCO2の50〜100年に比べてはるかに短いため、メタンの排出量を短期的に削減することで、今後数年間の気候変動に大きな影響を与えることができる。

EUと米国は、他の7カ国の協力を得て、メタン排出量削減に向けた取り組みに多くの国が参加することを目指し、9月に「グローバル・メタン・プレッジ」の設立キャンペーンを開始した。COP26の公式発表では、世界経済の70%、人間の活動によって発生するメタン排出量の約半分に相当する合計103カ国がこの誓約に署名した。

【参考記事】EUと米国、グローバル・メタン・プレッジを発表

誓約書に署名した国は、2030年までに世界のメタン排出量を2020年比で少なくとも30%削減するという共通の目標を掲げている。米国とEUによれば、この誓約を実現することで、2050年までに温暖化を0.2℃削減することができる。

米国のジョー・バイデン大統領は、誓約の進捗状況を紹介するイベントで、署名者たちに向けて次のように述べた。

「米国は、皆さんと協力してこの目標を達成し、より多くの国に、より多くの国に、メタンを世界的に削減することを約束してもらいたいと思っています。」

バイデン大統領は、メタン排出量のコミットメント達成に向けて前進を開始するために、米国で開始された新しいイニシアチブのいくつかを紹介した。その中には、新規および既存の石油・ガスパイプラインからのメタン損失を削減するための新しいルールの導入や、天然ガスパイプラインからの漏れを削減するためのルールの導入などが含まれている。

【参照ページ】Launch by United States, the European Union, and Partners of the Global Methane Pledge to Keep 1.5C Within Reach

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る